ブログ

中華料理と炭酸アルコールがベストマッチな理由

油を多用することで食感や風味を高める中華料理には、ビールやハイボールなどの炭酸アルコールがよく合います。
こちらでは、中華料理と炭酸アルコールの相性の良さをご紹介いたします。

食事を一層美味しくする炭酸アルコール

炭酸アルコールの中でも、日本人に特に人気なのがビールです。「とりあえずビール」という言葉は慣用句にもなるほどで、高度経済成長とともにビールは大衆化しました。お酒を飲むと胃が刺激され食欲が高まりますが、炭酸の入ったビールやハイボールはさらに食欲を増進させます。炭酸特有のシュワシュワした感覚は喉を爽やかに駆け抜け、気分をすっきりさせます。口の中も爽やかにしてくれるため、食事を一層美味しくしてくれるのです。

中華料理との相性

■ 炒め物

チンジャオロースや回鍋肉、麻婆豆腐やエビチリなど、中華料理の特長は味の濃さやピリっとした辛さです。そこにすっきり爽やかなビールはよく合います。油と濃い味付けでもったりした口の中を和ませてくれます。また、炭酸アルコールは揚げ物とも合います。立川にある壱徹らーめんでは、サイドメニューに揚げ物をご用意していますが、油を多く含む揚げ物の合間にビールを飲むことで口の中がすっきりします。

■ 麺類

壱徹らーめんでは麺類メニューも豊富ですが、粉ものと炭酸アルコールは全般的に相性が良いです。粉ものは食欲をそそりますが、食べ続けると味が単調になりがちです。単調になった所でハイボールやビールを口に入れると、口の中に変化が起き飽きることなく食を進めてくれます。

仕事帰りにご飯屋さんに立ち寄るなら、中華料理屋がおすすめです。スタミナがつく中華料理と気分を爽やかにする炭酸アルコールで仕事の疲れを解消しましょう。
立川にある壱徹らーめんは、メニューの豊富さが特長の中華料理屋です。チャーハン、麻婆豆腐、餃子などの定番料理をはじめ、ラーメン等の麺類や定食などもご用意しています。もちろんビールやハイボールもございます。深夜営業ですので残業や飲み会後にもご利用ください。また、月曜~金曜のランチタイム(15時まで)は、格安価格で提供しています。ファミリー様は大テーブルへ案内いたしますのでご安心ください。立川をはじめ、昭島、日野、府中、国立にお住まいの方もお待ちしております。

  • facebook
  • twitter
  • mixi