ブログ

中華食堂で様々な中華料理を楽しむ

チャーハンや餃子、ラーメンなどの中華料理を食べたい時は、中華食堂へ足を運ぶという方が多いと思います。
中華食堂では様々な中華料理を堪能することができますが、特に有名なのが中国の4大料理とも呼ばれている、「北京料理」「四川料理」「上海料理」「広東料理」です。それぞれの特徴をご紹介します。

北京料理

中国の首都である北京の宮廷料理を中心に発達したのが北京料理です。北京ダックや餃子が代表的な料理であり、寒い地域で発展したため、塩味が強い濃厚な味付けが特徴です。肉料理が中心となっており、調味料には油や醤油、唐辛子が多く使用されています。強火で調理する揚げ物や炒め物が多いのも特徴の1つです。

四川料理

寒暖差の激しい盆地で発達したのが四川料理です。ピリッとした辛味や酸味が特徴的で、麻婆豆腐や回鍋肉、担担麺などが有名です。北京料理と同様海から遠い地域で発展し、唐辛子やねぎ、にんにくなどを使った料理が多くみられます。

上海料理

北京料理や四川料理と違い、海に近い地域で発展した上海料理は、魚介類を使った料理が特徴です。素材を活かした上品で淡白な味付けの料理や、甘く濃厚な味付けの料理が多いです。特に上海蟹を使った料理が有名で、他にも紅焼肉などが代表的な料理として挙げられます。

広東料理

温暖な気候を持つ広東省を中心に発達したのが広東料理です。豊富な食材だけでなく調理法も様々で、代表的な料理としてチャーシューやフーヨーハイ、フカヒレスープなどが挙げられます。海鮮料理などのさっぱりとした味付けのメニューが中心となります。フカヒレだけでなく、燕の巣やあわびなど、高級食材が使われるものが多いのも特徴です。

立川にある中華食堂の壱徹らーめんでは、中華メニューが100種類以上あり、メニュー豊富なのが特徴となっております。ランチではお子様向けメニューもありますので、ファミリーでもお気軽にご利用いただけます。さらに、深夜営業も行っておりますので、お酒を飲んだ後のシメにも、仕事帰りにも気軽にお立ち寄りください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi