ブログ

なぜか食べたくなるチャーハンの話

ラーメン屋や中華料理屋では、チャーハンが食べたくなるという方は多いかと思います。プロの料理人が作る美味しいチャーハンは、家庭ではなかなか作れません。そんな不思議と無性に食べたくなるチャーハンにまつわる話をまとめました。

チャーハンの起源

中華料理の代表ともいえるチャーハンは、意外なことにインドの料理が起源とされています。インドでは、古くから鳥や豚のスープで煮込んだご飯を肉と一緒に炒める「プラーカ」という料理が存在しています。この「プラーカ」がチャーハンの起源とされており、アジアに伝わって中国でチャーハンという料理が生まれました。

チャーハンと焼飯の違い

チャーハンと似た家庭料理に焼飯があります。チャーハンと焼飯は同じ料理だと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は別の料理となります。その違いは、具と調理法にあります。チャーハンは、卵を先に焼いてから様々な具と白いご飯を合わせて油で炒める中華料理発祥の料理です。一方、焼飯はご飯を炒めてから卵、様々な具を入れて炒める関西の鉄板料理から全国に広がった大衆料理とされています。味付けにソースが使われることもあるようです。

中華料理屋のチャーハンの秘密

中華料理屋のチャーハンは香ばしくパラパラしており、さらに旨みもあります。この味を家庭で再現しようとしても難しいのではないでしょうか。中華料理屋のチャーハンが美味しい理由は、なんといっても調理中の火力にあります。高温で一気に炒めあげるため程よく水分が飛び、食材の旨みを引き出し、香ばしくなるのです。また、鉄製の大きい中華鍋も美味しいチャーハンの要因だと考えられます。鉄製の鍋は高温を保ちながら均一の温度を食材に行き渡らせることができます。

立川市の中華料理屋である壱徹らーめんでは、美味しいチャーハンをご用意しております。メニュー豊富で、定食などもご用意しておりますので、ファミリーも楽しみながらお食事ができ、ランチにはお得なメニューをいただけます。深夜営業しておりますので、お酒を飲んだ際のシメに壱徹らーめんをご利用ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi