ブログ

多くの人が中華料理に魅せられる理由

中華料理は、フランス料理やトルコ料理と並ぶ「世界三大料理」の一つとしてその名を博しています。「中華料理」とひとくくりで認知されていますが、主に「北京料理」「上海料理」「上海料理」「広東料理」と大きく4種類に分類されます。その広大な国土(日本の約26倍)ゆえ、気候・歴史・文化背景の違いから、東西南北の地方ごとに郷土性豊かな食文化が形成されてきました。

中華料理の特徴は、日本料理や西洋料理に比べて「火力を用いた炒め物が多い」ところにあります。火力の強弱や鍋の振り方、油の多少や時間の長短など、食材を炒めるという行為だけでも実に多彩な技法が存在します。また、調理の基本として「油の多用」が欠かせません。チャーハン・餃子・麻婆豆腐・チンジャオロース・エビチリといった定番料理にも必ず油を使用します。炒め物に油を用いることで、素材の栄養分が流出するのを防ぐ、食感や風味を高める、見た目の艶やかさを演出するといった物理的効果が生まれ、素材の持ち味を活かしながら美味しさを引き立てます。そして、「やみつきになる辛さ」を堪能できるのも、中華料理ならではの醍醐味といえるでしょう。舌にピリッとくる辛さは、唐辛子や花椒などの香辛料を入れているためです。汗をかきながらもついつい食べ進んでしまう刺激的な快感は、他国の料理ではなかなか味わえません。一度食べるとクセになり、あなたの口を虜にするでしょう。

こうした魅力溢れる中華料理は、何も現地まで足を運ばずとも、日本にいながらにして充分にご堪能いただけます。東京都立川市に所在する壱徹らーめん(東京都立川市の中華食堂)では、メニュー豊富な中華料理をご用意しております。ランチタイムはファミリーも気軽に立ち寄れるアットホームな中華食堂として、夜(深夜営業展開中)はデートや宴会にもコスパ優秀な中華食堂兼居酒屋として、ボリューム満点のチャイナグルメと奥深いお酒の味を心ゆくまでお楽しみください。どの料理も日本人好みの味に仕上げているため、あれもこれもとオーダーしたくなること間違いないでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • mixi